経済・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

到来、テレビ新時代


「1964年(昭和39年)は東京オリンピックが開催された年だが、そのころ私は高校生だった。(当時は)高知にいたが、東京で開催されているオリンピックのようすがリアルタイムで見られるというテレビ技術はすごいと思った。まだ各家庭にカラー機は普及してなかったが、NHK放送局に行くとカラー受像機が置いてあって、開会式の映像をカラーで見ることができた。当時はテレビ技術に不満というのはいっさいなく、ただただ素晴らしいと思っていた」

生まれたときにはすでに当たり前にテレビがあった自分にはあまりわからないが、親の世代になればこの言葉はしみじみ思うんだと思う。続きを読む
スポンサーサイト

[森永・不二家]約20年間の提携解消


 大手菓子メーカーの森永製菓と不二家は14日、87年から約20年間続いた提携を解消し、500万株ずつ持ち合っている株式をそれぞれ売却すると発表した。売却の時期や方法は未定。

 不二家は今年1月、消費期限切れ原料を使用するなどずさんな品質管理が表面化し、業績が悪化。長年提携関係にあった森永がチョコレートなどの一般菓子を中心とした衛生管理の支援を申し出たが、不二家が洋菓子、一般菓子両方のノウハウを持つ山崎製パンの支援を選んだため、「株式持ち合いの意味がなくなった」(森永首脳)と提携解消を決めた。

 現在は森永が不二家株の3.9%、不二家が森永株の1.8%を保有している。株の持ち合いのほか、共同配送など業務面でも提携してきた。

これってある意味森永にしてみれば「裏切り」って感じ?
それまで付き合いがあった所を切って他に乗り換えたって感じ。
ずさんな管理ってのはあくまで不二家のあほっぷりであり、なんだか森永に対してアンタんトコじゃだめなんだよねとか言ってるみたい。
いや、そうでないんだろうが。素人の観点から思った事なんだが。
でもそれに近い感じもしないでもない。

もうアンタんトコには用はないから、向こうとよろしくやるから、じゃあねーって感じ。
なんだか感じ悪い。
もしもこれが自分の職場のように営業の仕事対応が悪い、単価が高いとか不満があからさまにあるならともかく(笑)

まあこのままペコちゃんに消えられるのもあれなので、なんとか復活してほしいものだけれども。
企業単位の駆け引きというかやり取りはしたっぱにはよくわからないけど、森永切ってしまうのってどうなんだろう。


(引用:ライブドアニュース)

ドコモとマクドナルド、携帯使ったマーケティングで提携


 [東京 26日 ロイター] NTTドコモ(9437.T: 株価, ニュース , レポート)と日本マクドナルドホールディングス(2702.Q: 株価, ニュース , レポート)は26日、携帯電話を使ったマーケティングで提携し、7月に合弁会社を設立すると発表した。新会社はマクドナルドの会員に対するプロモーション活動などを企画する。

 新会社の資本金は3億円で、マクドナルドが70%、ドコモが30%出資する。マクドナルドは折り込みチラシによるクーポン券の配布を行っているが、これを携帯電話を通じた電子クーポンにすることで、コスト削減を図る。また、年齢など細かい属性に合わせてクーポンを配ることで、マーケティング効果を向上させる。

 さらにマクドナルドは10月から、ドコモが展開する携帯電話クレジット決済サービスの読み取り機を導入する。年間延べ14億人が利用する全国3800のマクドナルド店舗に順次導入することで、ドコモはクレジット決済サービスの普及に弾みをつける。

 これまでマクドナルドは電子マネーの導入に消極的だったが、会見した原田泳幸会長兼社長兼CEO(最高経営責任者)は「電子マネーを使ったライフスタイルの流れは止められない。導入しないと生き残れない」と語った。

電子マネーの導入が果たしてどう影響するのか。
でもドライブするーを利用するときに特に思うけど、支払いのやり取りって結構どたばたしてるんだと思う。
品物受け取って、ちゃりーんで終わるならもっと利用が簡単でいいと思うんだが。
しかもデジタルのチケットは持ち運ぶ必要もないし、携帯は普通に持ってるから、持ってくるの忘れた~って事もないし。

利用客が低年齢化している昨今電子マネーをはじめ、携帯シェアーを見逃す手はないと思われます。

(引用:ライブドアニュース)

音楽配信がCD逆転!534億円市場


音楽をインターネット上からダウンロードして購入する有料音楽配信の2006年の市場規模が、前年比56%増の534億円となり、CDシングルの生産額(508億円)を初めて上回ったことが、日本レコード協会の調べで23日、分かった。DVDなど音楽ビデオの生産額568億円にも肩を並べる規模。

ダウンロード販売が始まった頃はきっと高をくくっていたんだろうなと思われる。

 ネット音楽配信の売り上げのうち、携帯電話へのダウンロードが482億円で9割を占めた。楽曲の一部を100円程度でダウンロードできる「着うた」は246億円、全部を取り込む「着うたフル」(300円前後)は179億円。
 ネット配信を除く既存音楽ソフトの生産額は4084億円で、1998年に6074億円を記録して以降、8年連続で減少している。

あえて言うならば。
ネットでの販売は一部をその場で聞いて気に入ればダウンロードできるし。
しかもアルバムの中から好きな物を選べるし。
ただ一曲200円というのは、媒体がない分ではちょっと割高かなと思う。
もしも100円ぐらいなら学生とかがもう少し利用するんじゃないかなと思うんだけど。
特に携帯のフルは。
値段がちょっと高いので聞きたいものを気軽にダウンロードとは行かないだろう、学生は。
まあこのご時世社会人にとっても高いと思うけどね(笑)

(引用:ライブドアニュース)

新入社員の年収、484万円!?


GS建設と大林産業の新入社員の年収が建設業界で最も高いことが分かった。

新入社員の年収といえば。
しかも自分は事務職だからますます低く。
・・・・・・・484万!?ありえん。ありえなーい。
職種云々のレベルなんですか、これ。そうなんですか。

19日、就職情報サイトサラムイン(www.saramin.co.kr)が人事担当者やホームページから収集した資料によると、GS建設と大林産業の新入社員は年収(基本ボーナスを含む、ボーナスと交通費除外)で業界平均(2682万ウォン、約342万円)より41.7%多い3800万ウォン(約484万円)であることが分かった。

うわー、うらやましい。初任給でこれってすごい。
これは国の経済力の表れなのか、どうなのか。
どっちみちなんか働いた評価って感じでやる気も出るね。
残業代無しでえんえんと拘束された上、仕事しない上司の隣でえんえん雑用までさせられて、働いて10年超えてもそこまでまずいかないよ。
うわー・・・やる気うせるわ・・・(笑)

(引用:ライブドアニュース)

「株投資の損益」確定申告した方がいいか


16日(金)から始まる確定申告は、多くのサラリーマンにとっては無縁だが、株式売買を行ったサラリーマンやその主婦は、確定申告することで「得」するケースがある。どんな人が必要なのだろうか。

あ。ちょっと株式投資興味がある人にはちょっと気になるこの記事。

証券会社に口座を開設している人は3つに分けられる。自分で売買明細や損益を計算して確定申告する「一般口座」、証券会社から送られてくる資料を基に自分で申告する「源泉徴収なしの特定口座」、証券会社が税金を天引きしてくれる「源泉徴収ありの特定口座」の3つだ。

サラリーマンのほとんどが選択するのが、源泉徴収ありの特定口座。
簡単だからきっと自分もやるならコレにするに違いない。
けれど、やはり他にもあるのにはちゃんと理由があるわけで。続きを読む

急増する四輪車輸出 摩擦再燃の「危険水準」


日本の自動車メーカーが2006年に国内で生産した自動車のうち、乗用車(四輪)の輸出台数は前年比21.4%増と大幅に増えて過去最高を更新し、初めて500万台を超えた。

へえ。過去最高。新記録樹立って事だよね。喜ばしい・・・だけではないのか・・・。

また国内生産された四輪車のうち、輸出に振り向けられた割合が19年ぶりに50%を超え、日本の自動車業界の輸出シフトが鮮明になった。国内販売が伸び悩む中メーカー各社は輸出によって高水準の国内生産を維持できたが、輸出比率が50%を上回るのは1980~90年代に苦しんだ貿易摩擦を再燃させかねない「危険水準」ともいえ、メーカーにとっては素直に喜べない数字になった。

なんていうか売り上げ増よかったねvって終わるほど世の中は簡単には出来てないのね。
でも前から思ってんだけど、それはただのやっかみなんじゃ・・・。
だったらそれに対抗するぐらいのモノ作って売ればいいでしょーに。
と、文句を言って済む問題でもなく。
続きを読む

家電量販店 大再編


業界2位のエディオンと5位のビックカメラが業務・資本提携に踏み込んだ。まずは9日付で株式を3%ずつ持ち合い、商品の共同仕入れなど業務面で協力。7月以降に久保允誉エディオン社長、宮嶋宏幸ビックカメラ社長はそれぞれ相手方の非常勤取締役に就任し、2年後をメドに事業統合を目指すという。

エディオンって何?←そこか

ビックカメラは知ってます。知ってますがね。
もう片方は初めて聞きました。
でも業界1・2を争っている・・・と。

続きを読む

キヤノン、ニコンの「2強」揺るがず


06年の国内デジタル一眼レフカメラ市場は、ソニー、松下電器産業の家電大手2社の参入で大幅なシェア変動も予想されたが、キヤノン、ニコンの「2強」の強さが際立つ結果になった。既存カメラメーカーの優位を新規参入組が崩すにはまだ時間がかかるようだ。

ちなみにデジタル一眼レフカメラはさすがに必要ないので買わないが、自分の選んだデジカメは、ソニー製品である。
デザインのみで選んだ代物であるが、もしも買い換えるならソニーは絶対に選ばない。

コニカミノルタの技術と開発陣を引き継ぎ、10万円前後の入門機で参入したソニーは、発売直後の7月に21.6%のシェアを確保し3位になった。しかし、その後は徐々に低下し、12月は5.4%。松下は、ライカ製レンズを使った25万円前後の上位機種で参入したこともあり、シェアは1%以下にとどまる。BCNの田中繁広取締役は「ソニー、松下はもう少し伸びると予想したが、カメラメーカーの壁は厚かった」と指摘する。

続きを読む

ドコモ減益などで4─12月期営業益5%減


NTTが反落。

とうとう来たね。
そんな感じ。

前週末2日に発表した2006年4─12月期の連結営業利益(米国会計基準)が、前年同期比5%減の9667億円となったことが圧迫要因となっている。

桁がでかすぎて想像がつかないけど、つまりは落ち込んでいるというわけだね。

NTTドコモの減益が響いたほか、固定電話の音声収入減少や、光ファイバー事業の拡販費などが影響した。

そりゃ落ちるって。
特にドコモなんてさ。他社つーかAUに押されっぱなしでしょーに。
と、いうか。
頂上に胡坐かいて調子に乗ってのんびりくつろいでたら、いつの間にか逆転されて置いていかれた感がありまくりなんですが。
最近のドコモはもうその体たらくぶりはすさまじいと思いますが。

それでもドコモユーザーが多いのがまだ救いだと思われ。

唯一のとりえだと思っていたものすらお株を奪われて、ぶっちゃけデザインで欲しいと思う機種なんて一つもないし。
高いし、デザインへぼいし、がんばろうよ。ほんと。

できれば私もAUに行きたい・・・。それが本音。
でも事情があって変更できないんだって人がほとんどじゃないのですかね。

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。