新潟日報社が社説盗用で謝罪・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟日報社が社説盗用で謝罪


新潟日報社は2007年2月21日、同社の社説が朝日新聞の社説を盗用していたとして、朝日新聞社などに謝罪した。

えーと。文を書く仕事をしている者としてどうなんですか、それ。

それによると、06年11月21日付の社説「拉致被害認定 さらに失踪者の捜索を」を執筆した小町論説委員が、同11月18日付の朝日新聞の社説「被害者認定 また広がった拉致の闇」の書き出し部分など6カ所を盗用したことを認めた。小町氏は07年2月21日付で論説委員を解かれ、総務局付となった。

ちょっとだけと軽い気持ちが取り返しの付かない・・・とは良くある話。

同社は「盗用はあってはならないことであり、読者の信頼を裏切る行為。朝日新聞社はじめ、皆様に多大なご迷惑をおかけしました」と謝罪した。また、調査委員会を設置して他にも盗用がないかを調査しているという。

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。