遺体の発見時、血乾いておらず・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺体の発見時、血乾いておらず


埼玉県本庄市児玉町の無職、田端武司さん(69)方で田端さんと妻フミ子さん(67)が殺害された事件で、発見時の21日夜、遺体周辺の血痕がまだ乾き切っていなかったことが県警児玉署捜査本部の調べで分かった。
2人は21日午後に殺害されたとみて、この時間帯に出入りした者がいなかったかどうか調べている。

調べでは、田端さんは1階8畳居間で、フミ子さんは廊下を挟んだ8畳和室で倒れており、頭部に鈍器などで殴られた跡が複数あった。
遺体を発見した長女(39)が田端さん方を訪れた時、玄関の鍵はかかっていたが、勝手口は施錠されていなかった。
居間は荒らされており、凶器は見つかっていない。

何者かが裏口から忍び込んだか、もしくはそれを装っているのか。
とりあえず最近多い身内の犯行でなければいい。

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。