最大の同窓会サイト「ゆびとま」って何?・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大の同窓会サイト「ゆびとま」って何?


読売新聞のスクープ報道(18日)にはオドロキだ。今年1月に破綻したコンピューター関連会社「アドテックス」を巡る民事再生法違反事件で逮捕された下村好男(45)。その下村が、人気同窓会サイト「この指とまれ!」の運営会社「ゆびとま」(本社・長崎市)の社長で、01年まで山口組系組長だったというのだ。

 下村は企業の「乗っ取り屋」として知られ、昨年4月にゆびとまの社長に就任。その半年後にはゆびとまを他社に売却して大儲けを企んでいたという。

ぶはっ
SNSは最近の流行でたいていの人がどこぞに所属しているのではないだろうか。
そんな所でよもや背後にそんなおっとろしー人がいるとは思うまい。

「通常、携帯電話の販売店やレンタルビデオ業者から顧客名簿が流出した場合、本名、本籍地、現住所、生年月日が正確であれば1件当たり500円で名簿業者が取引している。でも、それらはあくまで個別データの集積。統計資料としての価値は低い。ところが、ゆびとまは地域別、出身校別、年齢別の詳細データで構築されている。たとえば福岡市内在住、30歳、男性、未婚と条件検索すれば瞬時に数百人単位の実名が判明する。マーケティング価値は非常に高い。経営が宙に浮けば、データ価値に目を付けた企業で引く手あまたでしょう」

参加はしてないけど、割と規模の大きいSNSだと聞いている。
大きいし参加者も多いから大丈夫だろうと思うのは判断の甘さだとしかいえないのだろうか。
そんなこといちいち気にして行動している人がどれだけいるのか・・・

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。