「英国でのVista価格は割高」・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「英国でのVista価格は割高」


 企業や消費者がMicrosoftの新OS「Windows Vista」の導入を進める中、ある疑問を投げかける声が次第に大きくなっている。その疑問とは、Vistaの価格はなぜ米国よりも英国の方がはるかに高いのか、というものだ。

 この問題に対する怒りにあおられる形で、英政府のウェブサイトに電子的な陳情の窓口が開設され、国民の署名を受け付けている。現地時間2月23日午前に大勢がアクセスして署名し、丸1日たたないうちに1250以上の署名が集まった。

http://news.livedoor.com/article/detail/3047941/ 陳情の窓口は、政府のウェブサイトの10 Downing Streetセクションに設置されており、受付が締め切られる4月20日の後、英国首相の執務室に送付される。この陳情では、Tony Blair首相に対し、Microsoftに圧力をかけて「英国でVistaに高すぎる値段を付けるのをやめさせる」ことを求めている。

 陳情では、「米国人と英国人がWindows Vistaに支払う代金の途方もない格差」を指摘し、「Windows Vista Ultimate」エディションの価格が英国では683.80ドル(350ポンド)なのに対し、米国では293ドル(150ポンド)だと主張している。

 Vistaの小売価格は均一ではないため、これらの数字がどこから引用されたのかはわからない。例えば、Amazon.comとAmazon.co.ukでの希望小売価格を見てみると、Vista Ultimateエディションの場合、米国では399.99ドル(203ポンド)に設定されている一方、英国では722.85ドル(369.99ポンド)となっている。

 陳情の目的を分かりやすく伝えるため、発起人らは、米国と英国のVistaで最も価格がかけ離れているエディションを取り上げた。

 大ざっぱに言って、Vistaの多くのバージョンでは、英国では米国のほぼ2倍の値段が付いている。しかし、「Windows Vista Home Basic」エディションのアップグレード版の場合、米国では159ドル(81ポンド)だが、英国では193ドル(99ポンド)で、英国での割り増し分はほぼ20%程度だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ


そもそもなんで国によって価格が変わるんですか。
販売数が違うからとか何かあるんですか。
買う側にとってみればそんなことどーでもよいのです。
あの国ではこの価格なのにこっちでは割高って自分だって不服です。
全国共通で売り出しているものだからなおさら。
その国ならではの物を輸出して差額ありならともかく。
とりあえず何とかしてください。

(引用:ライブドアニュース)
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。