「あおり行為」県内初適用 危険運転致死傷で起訴・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あおり行為」県内初適用 危険運転致死傷で起訴


 大田原市で発生した軽乗用車の死亡事故で、宇都宮地検は6日、後続車の執ようなあおり行為が事故原因として、戸田固士被告(24)を危険運転致死傷罪で起訴した。飲酒運転による死亡事故への同罪の適用例は多いが、幅寄せなどあおり行為での適用は県内で初めて。

 起訴状などによると、戸田被告は1月21日未明、矢板市から那須塩原市方面へ国道4号(片側1車線)を乗用車で運転中、同市の女性(25)の軽乗用車を追い越そうとした。しかし、驚いた女性が警笛を鳴らしたことに腹を立て、軽乗用車の後ろに回り込み、あおり行為を始めた。

 軽乗用車には死亡した坂本睦月さん(当時18歳)と父正さん(42)も同乗。戸田被告は後方から警笛を繰り返し鳴らしたり、ライトをハイビームにするなどして威圧した他、軽乗用車に幅寄せするなどした。

 さらに、恐れた女性が車を止めても、戸田被告は背後に停車。女性や坂本さんらは速度を上げ逃げようと試みたが、同被告は追尾をやめず午前2時45分ごろ、大田原市下石上で、女性がハンドル操作を誤り軽乗用車は横転。ガードレールに衝突し坂本さんが死亡、正さんも重傷を負った。

 地検は軽乗用車が横転したことや、損壊程度から、当時の速度は時速約100キロ程度と分析。同罪を構成する(1)重大な交通の危険を生じさせる速度(2)走行を妨害する目的で車に著しく接近した――に該当すると判断した。戸田被告は「軽乗用車を追いかけて警笛を鳴らすなどしたが、それ以上の意図はなかった」と、一部否認しているという。

バッカじゃないの?

これが何よりも一番声を大にして言いたい事。
バカとしか言いようがないでしょーに。
何が、それ以上の意図はなかった、だ。
結果こうして人が死んでいる段階であくどい嫌がらせでしかない。
アンタが殺したんだよ、と声を大にして攻められてもしょーがないじゃない。
しなくていいことをあえてやることを選んだのは本人なんだから。
ばかばかしい。

否認しようが、この人が人を死に至らしめる原因を作ったことには変わりない。
短気は損気。まさにそれ。


(引用:ライブドアニュース)
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。