長渕剛の長女文音が女優デビュー・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長渕剛の長女文音が女優デビュー


 歌手長渕剛(50)女優志穂美悦子(51)の長女、長渕文音(あやね=18)が女優デビューすることが2月28日、分かった。
来夏公開予定の映画「コスモ、光明(ひかり)のなかへ(仮題)」で主演を務める。
高校時代に演技の魅力に触れ、女優を志した。
新人女優を求めていた同映画の関係者の目に留まった。
カリスマ人気歌手とアクション女優の遺伝子を受け継いだ注目ルーキーの誕生だ。
 度胸は親譲りか。
演技初挑戦でいきなり映画主演。
プレッシャーを感じてもよさそうだが「不安よりも楽しみの方が断然大きいです」と頼もしい。
撮影は4月下旬から開始するが「早く現場に行きたいです」。
はやる心を抑える毎日だ。
 デビュー作「コスモ、光明のなかへ」は盲目の馬と馬術部員の交流を描いたドキュメンタリーをもとにした佐々部清監督作品。
主演に新人を起用するつもりで選考を進めていた製作関係者に、文音が通っていた演技学校などを通じプロフィルが届けられた。
モデルとなった高校生と雰囲気が重なった上、人を引き付ける表情が製作関係者の心をとらえた。
撮影は昨年夏の開始予定だったが、文音が通う高校が芸能活動を禁止していたこともあり、卒業を待った。
 両親の勧めで4歳から15歳までクラシックバレエのレッスンに励んだ。「人前で表現する楽しさを知り、将来は表舞台に立つ人間になりたいと思った」。
演技の道を勧めたのは母だった。
高校1年の時に演技学校を紹介された。
「最初は興味本位。のぞきに行くつもりでした」。
レッスン生の中で最年少。週1回のペースで通い始めた。
 数カ月後、演技中に役になりきるあまり感情が高ぶって自然に涙がこぼれた。
「演技って何て楽しいんだろうと思った」。
台本をコピーして持ち帰り、両親や弟を巻き込んで、自宅でけいこをすることもあった。
女優を志す決意をした。
両親は反対しなかった。
父は「軽い女優にはなるな。自分の持ち味を生かし、基礎をしっかり固めて取り組みなさい」と言った。
母は自然体の演技など実践的なアドバイスをくれた。
2世として注目されることにも「それは覚悟しています。人一倍努力することが必要だと思っています」。
1日は高校の卒業式。「見た人の心を動かせる女優になりたい」と夢を語った。

これはまたすごい新人さんですね。注目されるのもわかるかも。
その分世間の評価は冷たそうなきがするががんばって欲しいです。
目標を持ち前を進むことは簡単そうで実はとても難しい。
目標を見つける事も、見つけた後目指し続けることも容易ではないとおもうから。
せっかく求める道がそこにあるのだからすばらしい女優さんになって将来大活躍して欲しいです。


(引用:ライブドアニュース)
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。