カニエ・ウェスト、シカゴの高校でサプライズ・ライヴ・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カニエ・ウェスト、シカゴの高校でサプライズ・ライヴ


カニエ・ウェストがシカゴの高校にて体育館施設の落成式を記念して、シークレット・ライヴを実施したと、cbs2chicago.comが報じている。

カニエ・ウェストがライヴを行なったのはシカゴのリチャード・ハイスクールで、この高校の卒業生であるNBAマイアミ・ヒートのプロ・バスケットボール選手、ドウェイン・ウェイドが同校へ体育館の床の改築費及び音響設備、スコアボードを寄付し、それが完成したことを記念して、3月19日午後に式典が行なわれた。生徒の間でこの式典にスペシャル・ゲストが出演することは1週間ほど前より話題になっており、一部の人はテレビ司会者のオプラ・ウィンフリーが来ると噂していたという。

式典ではまずドウェイン・ウェイドがライヴ中継にてテレビモニターを通して挨拶を行ない、続いて『Dreamgirls』にてアカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソンが登場。そして、彼女の紹介によってカニエ・ウェストがステージ上がり、オーケストラをバックにライヴを披露した。予想外のスペシャル・ゲストの登場により、体育館に集まった生徒達は騒然となったという。

なお、ドウェイン・ウェイドは同校の生徒達に奨学金を寄付することにもなっているが、このカニエ・ウェストのシークレット・ライヴもまた母校への彼なりの恩返しというわけだ。

驚き桃の木?
よもやそんな人が来るたあ思わないわねえ・・・遠い目
生徒にしてみれば学校の施設云々を寄付で整えてくれたという事で、すでに感謝しないといけないが、まあいまどきの子供にとっては、あっそうレベルなのかもしれないし。
ライブのプレゼントというの方がわかりやすい贈り物といった感じか。

海外の子供がどういう考え方をしているのかわからないが、これがいまどきっ子だったら

「自分がもらったわけではない。」

とかなんとかで済ませそうだなと思っただけなんだけど。


(引用:ライブドアニュース)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。