任天堂DSがはなデカワールドに!?・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂DSがはなデカワールドに!?


そういや友人か身内が待ちうけかなんかが、それだった気がします。
ただちょっとした角度だけど、これがどうしようもなく可愛く見える気がする・・・のだが、ちょっと怖い気もするのだが(笑)
まあ大多数は可愛いと認識しているだろう、「はなデカ倶楽部」の世界が任天堂DSでお気軽に味わえる事になりました。


 「はなデカ倶楽部 アニマルパラダイス」は、写真家・森田光雄氏の人気作品シリーズ「はなデカ倶楽部」をベースにしたコミュニケーションゲーム。3Dでリアルに描かれた動物たちとふれあうことができるソフトだ。

いわゆるゲーム機でペットと一世を風靡したペットゲームの一種だと思えばいいのではないだろうか。
 プレーヤーは写真家のおじさんが営む「はなデカファーム」にお手伝いに来た主人公となり、おじさんやアシスタントのお姉さんと一緒に、さまざまな動物と仲良くなりながら写真を撮り、アルバムを完成させていく。

 マップ上のはなデカファームを散策すると、犬や猫を始め、ウサギ、ハムスター、鳥など、全部で18種類の動物たちと出会える。タッチペンを使ってなでてあげたり、ごはんをあげたり、ブラッシングしたりとお世話すると、動物たちと仲良くできる。仲良くなると、おじさんやお姉さんが動物たちの写真を撮ってくれるほか、ミニゲームもプレイできるようになる。ゲーム中で集めることのできる写真は、「はなデカ倶楽部」の作品、全324枚。

個人的にあげるえさがどうぶつの森のように、自分で魚を釣ったり、虫を取ったり、そういうものをあげられたらまた自分が世話してるって実感があっていいと思えるのにと思ったのはここだけの話。
でも今までいろんな所で使われてきたでか写真を集めていくというコレクター魂はくすぐられるのかもしれない。
気になる仕様は、


------------------------------------
はなデカ倶楽部 アニマルパラダイス

対応機種:ニンテンドーDS

ジャンル:コミュニケーションゲーム

発売日:4月26日(予定)

価格(税込):5040円

プレイ人数:1人

発売元:アガツマ・エンタテインメント
------------------------------------

引用:Yahooニュース!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070404-00000115-zdn_g-game
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。