崩壊の行方は・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崩壊の行方は


そりゃ、とまどいもするわ。

それが正直な感想であろうと思うが。
4月24日に結成したばかりの新ユニット

「ギャルル」

が、早くも破綻の予感だ。
こないだへえ・・そりゃまたおもろい方向に・・・と思ったばかりだと思えばイキナリ破綻の知らせってびっくりするさ。
しかも当人本心はまあわからないけど、割と楽しそうにやってる感じがしたし、加護事件で自分の所属するユニット崩壊しちゃって、改めての出発って所でいきなり躓いた形になっているのだから。
 大食いタレントのギャル曽根(21)が9日、日本テレビの情報番組「ラジかるッ」(前9・55)で、杉浦太陽(26)と“できちゃった婚”をする辻希美(19)らと結成したユニット「ギャルル」の今後について語った。

ある意味巻き込まれちゃった感のあるこの人たちがとても気の毒。
辻ちゃんも加護の騒動で一方的に破綻させられて迷惑こうむっているのを実感しているんだから、こんな形で迷惑をかける事に対しての責任はないのだろうか。
しょせんちやほやされた子供だからそこまで気が回らないのだろうか。
個人の問題なのだからといえばそれまでだが、そこに他の人との仕事が絡む立場であるのだからいろいろと考えるべきではないのか。
と、いうかもしや妊娠を本当に知らなかっただけなのかも?
どっちみちこの二人は大変だと思う。


4月24日に時東ぁみ(19)との3人組でスタートしたばかりで「(これから)どうしましょう」と戸惑いの表情を見せた。
それでも活動は続けていく方針で「歌も踊りも楽しくなってきたところなので頑張りたい。
応援してください」と意欲を見せた。
最後は「(辻とは)まだお話してないんですけど、おめでとうございます」と祝福した。

迷惑は問題だけど、まあめでたい話でもあるから丈夫な子供生んで欲しい。
安心して彼女が子供を埋めるように残された感のあるこの二人が無事に成功するのが何よりの安心のプレゼントではないだろうか。

引用 ライブドアニュース
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。