ゲームと勉強のコラボレーション!?・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームと勉強のコラボレーション!?


あれやね。
これもいわゆる時代っつー奴なんだろうかね。
もう時代は「単語帳」を自作したりなんかしないんだね(泣)
ち・・・ちくしょ・・・。あれってかなり手間暇食うし、作っているうちに時間がたっててあまり役に立たなかったりなって、それは作るのが遅すぎなんだよって自分に突っ込みいれてみるとか。


 音声機能を持ち、タッチパネルの書き込みができる任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を使った英語学習が21日、京都府八幡市内の4中学校で始まった。2年生計約550人が対象で、授業前の15分間に取り組む「モジュール学習」(短時間の集中学習)の時間に専用の英単語学習ソフトを使って学ぶ。

学校にニンテンドーDS。
一昔前では考えられんこの組み合わせ。
速攻で取り上げられそうなブツが、学習 に使われるんだって?
 同市教委は2006年9月から5カ月間、同市の男山東中の3年生の一部を対象にゲーム機を使った英単語学習を試験的に実施した。

中学三年生ってそんな大切な時期にそんな試験的なこと良く出来たなとそこに感心してもいいですか(笑)

 市教委や上智大文学部英文学科の池田真准教授が、対象生徒に実施した学習効果調査では、5カ月間で生徒の語彙(ごい)数が平均で約360語から420語増えたことが分かった。語彙数が1300語だった生徒は実施前には全体の19%だったのに対し、実施後は79%に増え、英単語学習に効果があることが分かった。

いまどきっ子は当たり前に自分の世界にゲームがあるわけで。
逆にそういう当たり前にある形を取り入れることで自分からやる気になるのだろうか・・・?
そんな簡単な物なのかな・・・逆にゲームに走りそう・・・って授業の一部なんだからそうもいかんか。
 

「ゲーム機を使った英単語学習はどのような効果があるか」というアンケートでは、生徒の70%以上が「正しい発音が身に付く」と答え、「正しいスペルが身に付く」と答えた生徒も全体の50%を超えるなど、生徒が英単語の聞き取りと書き取りに役立つ、と感じていることが分かった。一方で「正しい意味を覚えられる」と答えた生徒は全体の約30%にとどまった。

ああ、なるほど。それはそうかも。
DSなら音声だって出るわけだから、同時に発音も聞くことが出来る。
書く事が暗記の基本だと思うが、実は聞くことも実際にその発音を真似てしゃべってみる事も重要な手段だと思われる。
過去の学生経験者ならなんとなくわかる感覚ではないだろうか。
まああまり暗記好きでなかったんで、努力した記憶もないが(笑)
とりあえず発音とかスペルとかそういう面ではよしと出たが、やはり良い点があればいまいちな面も自然と出てくるわけで。
意味を覚えるにはちょっとDS版英単語帳はやや弱いようだ。


 この日は、同市内里、男山東中の授業が教育関係者らに公開され、立命館大教育開発・支援センターの陰山英男教授や池田准教授などが、授業の様子を視察した。
市教委は「ゲーム機を使った学習の強みと弱みが分かった。
今後、数値目標の設定や指導計画の策定など、より効果的な学習方法を検討し、学力向上を図りたい」と期待している。

ゲームは勉学の妨げになる物と決め付けず、これだけ世の中または子供に浸透した物を逆に生かすことが出来るかを考えてみるという柔軟な姿勢はいいと思う。
今回はそれの弱点も見えてきたわけだから、ソフトそのものになにやら一考してみる価値は大いにあると思う。
学力低下が叫ばれる子供が自分から勉強するならそれはそれでいいのではないだろうか。
そのご褒美も兼ねてDSの一つを与えれば成績が上がる保証があれば親も一考の価値あり、だろう(笑)

引用 Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000027-kyt-l26
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。