はたしてウォークマンなのか携帯なのか。・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたしてウォークマンなのか携帯なのか。


2GBメモリ搭載でスタミナ再生のウォークマンケータイ「W52S」

それ、携帯じゃないんじゃないんですか。
すでに。
もしかしてソレは言わない約束よ的なものだろうか。


 「W52S」は、約2GBの内蔵メモリを搭載し、最大約110時間の連続再生が可能ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のCDMA 1X WIN端末。ミュージックプレーヤー機能を簡単に呼び出せる「ミュージックキー」を搭載するなど、音楽再生機能が特徴の端末に仕上げられている。新規契約時の店頭価格は1万円台後半の見込みで、発売時期は6月下旬以降。

時代はあれか。
そのものの価値ではすでに売れない自体なのだろうか。
プラスアルファのなにやらお得感がないとだめなのだろうか。
とりあえず何をぷらすしてもいいだろうが、あまり難しいことにするのはやめてくれと思うのは時代遅れの年寄りの言い分だろうか←ため息
 ミュージックプレーヤー機能では、内蔵される2GBのメモリにより多数の楽曲を本体に保存可能。
外部メモリにも対応し、メモリースティックマイクロ(M2)とmicroSDカードの2種類に対応したカードスロットを搭載している。
カードスロット自体は1つ。メモリースティックマイクロは最大1GBまで、microSDカードは最大2GBまでをサポートする。
音質向上技術の「DBEX」をONにした場合で最大約40時間の再生ができ、DBEXをOFFにした場合なら最大約110時間の再生が可能。

携帯なんだかオーディオなんだかわかんないね。
それぐらい性能があっぷしたというか、コンパクト化に成功したと言うか。
もう手を変え品を変え頑張っているんだよって言う事だろうか。
その前にソニーの場合は会社としての根本的な人となりを考え直した方がいいような気がしないでもないが。
はてさて。


 「ミュージックキー」を押せば、メール作成中やWebサイト閲覧中でも簡単にミュージックプレーヤーを起動できる。「ミュージックキー」周辺のキーにより、音楽の再生・一時停止、早送り、ボリューム調節などが片手で操作できる。クリアパーツのミュージックキーそのものや、背面のウォークマンロゴが音楽にあわせてカラフルに光るようになっている。

 FMトランスミッターを搭載しており、「au Music Player」や「EZ助手席ナビ」などの音声をFM電波で発信し、カーステレオやコンポなどで再生できる。端末本体には大口径のサラウンドスピーカーが2個搭載されており、臨場感のある音が楽しめる。

 スライド式のボディはスライドの途中で動きをアシストするタイプで、少ない力でスライド操作が行なえる。

 音質面では、クリアな音質を目指すソニーの高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を採用。ソニー製の高音質なインナーイヤー型イヤホンがパッケージに同梱されるほか、ステレオ感を高める「クリアステレオ」技術が投入されている。

この手の機能面に関してはさすがソニーと言うべきか。
最近もっぱら調子こいてたせいで、他社に遅れをとってた感があるソニーだが。
この手のことはまさにお家芸と言わざるを得ないだろう。
まあちょっと前までの煮え湯を飲まされるような敗北感を良い薬に良い意味でがんばってちょーだいよと消費者としては思う。

引用 Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070522-00000033-imp-sci
Copyright © つっこみニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。