[踏切事故]女性助けようと警官も重体 東武東上線・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[踏切事故]女性助けようと警官も重体 東武東上線


バカこの上ない発言を繰り返し批判されまくりの、あんぽん政治家がいるかと思えば、こんなすばらしい人もいる。
あまりいないよ、こんな自分の身をなげうって人を助けるなんて。

と、いうか。
まあせっぱつまっているんだから自殺しようとしたんだろうが。
こんな形で世間や人に迷惑をかけるのもどうかと思う。
いや、苦しいんだろうと思うが当人でないからわからないし。
わからないでいる事はとても幸せなんだと思うが、しかし。
ここでもしもこの警察官の人がなくなったら、それこそこの自殺願望者居た堪れないよな・・・と。
とりあえず助かってください。

女性は「死んでもいい」と叫んでいたといい、警報機が鳴り始めた直後に踏切に入っていることから、同署は自殺するつもりだったとみている。女性は精神科に通院しているという。交番には当時、宮本巡査部長1人だった。

もう一人いたらもっと速やかに女性を線路から脱出させて自分も逃げられたんじゃないかなと思うのはあれですか。
過ぎたことを言ってもって感じですか。
でも一人しかいないのって結構危ないよね、いろいろと。

一人見回りに出るならそのほかに常に二人ぐらいいないといざというときにいろいろと困ると思うデス。

(引用:ライブドアニュース)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。