副知事問題「理解して頂いた」・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報等々の多岐のジャンルの気になるニュースに独自の視点で突っ込んでみたりしています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副知事問題「理解して頂いた」


東国原英夫宮崎県知事は2007年2月12日夜、自身のブログ「新そのまんま日記!」を更新し、問題になっている副知事の人選について「決して右顧左眄した結果の決断では無いことを県民の皆様にはご理解して頂いた結果だと思う」と述べた。対立候補だった元経済産業省の持永哲志氏の副知事起用を断念したことへの理解を求めたもの、と思われる。

賛否両論と見られる今回の結果。

東国原知事はブログのなかで、
「今回の副知事問題。あるテレビ局の県内聞き取り調査によると、今回の僕の判断を『支持する』が95%だったらしい。決して右顧左眄した結果の決断では無いことを県民の皆様にはご理解して頂いた結果だと思う。県民の皆様のご理解力に深く感謝したい。今後も県民目線で県民のための新しい宮崎造りに、粉骨砕身、邁進させて頂く所存です」

別に当人の答えならそれはそれでいいが、矛盾にみちた回答というか言い訳をするのはいかがなもんかと思われる。
まあ期待が大きすぎる感がないわけでもないので、ちょっとした失敗も他の人よりも大きく取り上げられちゃうんだろうな。

(引用:ライブドアニュース)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。